咸章鉉氏、五賀友継氏が優秀論文賞受賞

本研究室の咸章鉉・五賀友継が、2017年7月4日~7日に中国の浙江省金華市で開催されたThe 12th congress of Northeast Asian Society for History of Physical Education and Sport(第12回東北アジア体育・スポーツ史学会)において、それぞれ優秀論文賞を受賞しました。本大会は体育・スポーツ史を研究する日本、中国、韓国、台湾の学者で構成された東北アジア体育・スポーツ史学会が2年に一度開催する国際学会大会で、今回はシンポジウムの他に153件の口頭発表、90件のポスター発表が行われました。咸は「1950年代における在日コリアンの体育・スポーツ活動について―建国高校ホッケー部を中心に―」で、五賀は「日本統治下台湾における弓道活動の一端」の研究発表で受賞しました。